ベーグルがとにかく安い~!

図書館で借りて、ベーグルをいくつか焼いてみました。おすすめです。基本のベーグルだけでも50種近いレシピと!応用やディップのレシピ!フィリングを入れるタイミングまでも記載してあり!ベーグルが好きにはたまらない!大変満足のいく本で読まないと後悔するかも?!な本です★DVDの発売も気になりますね。

これっ♪

2017年01月11日 ランキング上位商品↑

ベーグルゆっくり発酵ベーグル [ 高橋雅子 ]

詳しくはこちら
 b y 楽 天 市 場

もっちり、ふかふか、むぎゅむぎゅと、生地の違いを楽しみながらベーグル作りが上達する一冊です。食感は3タイプ。「ベーグル徹底研究」というページがあって!食感研究1.粉を変える 2.加水を変える 3.一時発酵 4.整形 5.最終発酵 ルックス研究1.穴の大きさ 2.ケトリング 3.オーブンについて!詳しく書かれているのが面白かったです。ベーグルは割りと手軽にできるしおいしいのですが!食感や焼き色の付き具合などを詳しく知りたかったので!購入しました。クラストがパリッとしてクラムはもちもちのベーグルなんです。この本を手にとってから初めてベーグルを焼いた初心者です。それぞれの食感を味わえるように使用する強力粉、成型の仕方も違っています。(今はレシピ本より4、50分短めの時間にしています。粉の配分のことや発酵時間!水分量など細かく実験的に説明してあるので理屈好きの私には読み物としてもおもしろかったです。ベーグル好きさんにはお勧めの1冊です。ベーグル好きの人には必見の本です!もちもち!むぎゅむぎゅ!ふかふかの三種類のベーグルの作り方が載っています。こちらも発売されるのを首を長くして待っていました。普段は自家製酵母でベーグルを作っているワタシは!イーストで美味しいベーグルが出来るのだろうかと疑問だったんです。ずしっとした生地で噛めば噛むほどおいし〜って感じで大満足でした。買って良かった!の一言に尽きます。また!ハード系からもっちり系まで自分の好みのベーグル探しも紹介してますから!ある程度作れるようになったら!加水を変えたり!粉を変えたりと!アレンジしてみるのも楽しいです。最終発酵後の生地を冷蔵保存3日までできるというのもびっくり。高橋さんの新刊です。もっちり、むぎゅむぎゅ、ふかふかの3種類の食感が楽しめる3パターンのレシピとそれぞれのバリエーションのレシピが載ってます。保存容器に入れて冷蔵庫に入れて3日間保存でき、食べたいときにケトリング〜焼成できるのでこれは便利!また食感の違い「もちもち」「むぎゅむぎゅ」「ふかふか」と3タイプ別にのっていてベーグルのレシピもかなりあります。加水量によっての焼き上がりの生地の違いや,焼成前の生地の冷蔵保存の仕方(それによる焼き上がりの変化など)を参考にして作っています。もちもちタイプのプレーンは最高の食感でした。本当におススメです。出来上がりがしわしわぼこぼこになってしまいました。初心者が一番知りたい部分(丸め方とか混ぜ方とか…)については、ネットや別の本などでもう少し詳しいものを調べたほうが上手くいくかも…。高橋さんの本は『少しのイースト…』に続く2冊目の購入です。これこそまさにベーグルの教科書だと思います。まだむぎゅむぎゅしか作ってないのですが!ベーグルは2次発酵がいらないのでお手軽に作ることができました。「もちもち」「むぎゅむぎゅ」「ふかふか」の3種の生地のベーグルが載っています。甘いフィリングだけではなく「青じそ+味噌」など、珍しいものもあります。。。イーストでここまで美味しいベーグル作れるんだと感動した本でした。大まかには「もちもち」「むぎゅむぎゅ」「ふかふか」の3種類のベーグル作り方と各種類に合うバリエーションもたくさん紹介されています。バリエーションもたくさんありますがベーグル自体も3種類の食感の生地を紹介されています。今、2日置いたものをケトリング焼成しましたが、さらに軽い食感になり美味しい〜。いつもはイーストで作るベーグルなら!味の濃い食材を混ぜ合わせるのだけど!まずはプレーンベーグルを作ってみました。ただ、初心者の私も3回目くらいからベーグルらしきものが作れるようになりました。ちょっと水分を増やすとこうなる!ケトリングの時間を長くとるとこうなるといった!ちょっとマニアックなベーグルの実験のようなページもありベーグル好きにはたまらない本だと思います。ベーグル好きな方なら買って損はないと思います。まだ!「ふかふか」ベーグルしか作っていませんが!とてもおいしくできました。御馳走様―( ´)艸(` )―♪図書館で借りていたのですが,手元に欲しくなり購入しました。やっぱり凄い・・・徹底的にベーグルについて研究されているなあと実感しました。夜に捏ねておけばよく日には美味しいベーグルが食べられます。題名の通りゆっくり発酵させて作ります。タイトル通り、【ゆっくり発酵】なので隙間時間で出来ます。どれも美味しそうで早く試したい。高橋雅子さんの本でイーストで作るベーグルのレシピ本があると知り、とうとう購入しました。小さじ1/8を量る軽量スプーンは持ち合わせていないので、目分量になっていますが、美味しく焼けています。それに応用編のメニューがいくつかと残ったベーグルの活用法、簡単なディップメニューなどが載っています。パン作り初心者の私でも丁寧な図解でお店並みのベーグルが出来ました。高橋先生の本は!少しのイースト・・も持っていますが!数あるパンレシピの中では愛用度の高い本のひとつです。あまり時間をかけずに作る普通のベーグルでも!この本を参考にして!生地に具材を練りこんだり!巻き込んだりしてオリジナルベーグルを焼こうと思います。タイプはふかふか・もちもち・むぎゅむぎゅの3タイプでバリエーションは50種近く。美味しかったですよ。普段白神こだま酵母使用して製パンしていますが!高橋さんの本は失敗がないのでこちらも購入♪粉!加水!発酵!成型!ケトリング!オーブンなどを変えるとどんなベーグルができるか比較してあったり内容は本当に充実したものです。自分では思いつかないようなフィリングの組み合わせもたくさんあって!すぐに食べきっちゃうので!最近では2倍量で作っています。レシピ通りに作るのもいいけれど、自分にぴったり合ったベーグルを作ることができる本ですよ。あ!生地が冷蔵保存できるのもこのレシピのとってもいいところ!焼き立てがいつでも食べれますよ〜〜〜!高橋雅子さんのパンレシピ本は「少しのイーストでゆっくり発酵パン」以来2冊目の購入です。ベーグルのレシピは前回も掲載されていますが、分量が違います。高橋さんのレシピ本はすべて持っています。なかなか美味しくできたし!低温長時間発酵というスタイルが自分の生活リズムにあっているのでこの本は手元に置きたいっと思いまして購入を決めました。アレルギーのある方でも安心です。レシピ通りにやってみて!ひとつだけ上手くいかなかったのが最終発酵の時間かなと思います。)味や食感についてはレシピ通りで十分美味しいですし、思いつかなかったバリエーションから更に自分なりの組み合わせを考えることもできるので、ベーグル本はこれ一冊で十分かも…。「少しのイーストでゆっくり発酵パン」の本にも、ベーグルが載っているのですが、配合などが微妙に違っているので、ベーグルが好きな方は両方もっていても楽しいと思います。パンというよりベーグルを作るのが大好きな私。筆者自らが研究を重ねて本当に重厚なボリューム!たった1種類の「ベーグル」にここまで豊富なバリエーション(生地の重さからフィリングまで)を!?と、驚かされるばかりです。成型の仕方や発酵のさせ方が今までと違って勉強になり!レシピ本の通りに丁寧にすると上達したように感じました。参考までに初めて作ったものと4回目の写真載せておきます。生地を捏ねてから冷蔵発酵6時間〜12時間。高橋雅子さんの本は全部持っていますがこちらの本も買って損はありませんでした。高橋雅子さんの「少しのイースト〜」シリーズはこれで3冊目の購入になります。。高橋先生の少しのイーストシリーズの本を持っていてよかったのでこちらも購入してみました。写真もきれいなので見ていて楽しいですよ。基本のプロセスというものもありますが『経験者のおさらい』という感じではないかなと。失敗もほぼないです。明日のベーグルもとても楽しみ。わかりやすいし、こね時間も少ないし、分量も作りやすいんですよね。時間をかけるといってもかかるのは醗酵の時間なので余裕をもってチャレンジできますよ。今回もイーストを極限まで減らして作ったレシピ集ですが、「少しのイースト〜」とは違い、小さじ1/8しかイーストを使わないレシピも多く掲載されています。今までに無い味わい、皮もぱりっと芳ばしく、粉の味を引き出してくれてるんです。とても勉強になったのは冷蔵保存が3日できることです。もっちりは一晩冷蔵庫で発酵させるオーバーナイトで焼き上げる方法です。今までベーグルは時間のないとき焼いていたけど今度はこれをよく読んで時間をかけて美味しいのを焼きたいと思います。作り方も大変丁寧で!レシピ自体も忠実にベーグル(時々油などを使ったベーグルレシピを載せている本もあるのですが!この本は大丈夫!)。もちろんこの部分はすっとばしても全然問題ありませんので難しいのはいや〜って方は読まなくても大丈夫です。。写真はふかふかタイプとぎっしりタイプを作りました。